東京大学 大学院工学系研究科

バイオエンジニアリング専攻

Department of Bioengineering, School of Engineering,
The University of Tokyo

教員紹介

安楽 泰孝

安楽 泰孝

特任准教授

バイオマテリアル

Biomaterials

多機能型高分子集合体を基盤技術とする難治性系疾患の革新的治療/診断技術の開発

MAIL :  anraku@bmw.t.u-tokyo.ac.jp

URL :  http://www.bmc.t.u-tokyo.ac.jp

研究室の目指すもの

当研究グループでは、生体内での安全性が担保された高分子をビルディングブロックとする多機能型の高分子集合体を設計し、難治性疾患(例えばアルツハイマー病など)の治療・早期診断実現に向けて以下の異なるアプローチで研究を進めています.
・材料の機能・特徴に基づく応用展開 (フォアキャスティング)
・医療現場におけるニーズを適切に把握し、合目的々に材料設計・構築 (バックキャスティング)

研究テーマ

精密高分子合成技術に基づく機能性高分子集合体の開発
難治性系疾患の革新的治療/診断技術の開発

研究紹介

難治性疾患からの解放を実現する材料設計・構築


入試情報

入試情報

研究紹介動画

研究紹介動画

© Department of Bioengineering School of Engineering, The University of Tokyo All Rights Reserved