東京大学 大学院工学系研究科

バイオエンジニアリング専攻

Department of Bioengineering, School of Engineering,
The University of Tokyo

教員紹介

島添 健次

島添 健次

特任准教授

バイオイメージング

Bioimaging

個体レベルの生命機能を明らかにする医学量子イメージングの創成

MAIL :  shimazoe@bioeng.t.u-tokyo.ac.jp

URL :  http://spiny.t.u-tokyo.ac.jp/

研究室の目指すもの

CT (コンピュータ断層撮像), PET (陽電子放出断層撮像), SPECT (単光子放出CT) 等の臨床で用いられる医学量子イメージングは高精度な形態情報、高感度な生命機能情報をもたらし、悪性腫瘍の早期診断や未病状態の予測に役立てられている。本研究室では個体レベルでの多分子撮像や分子間相互作用イメージング技術の研究開発を行うことで次世代のがん診断、生体機能診断の創成を目指している。またその実現のための量子センサの開発や磁場などとの融合技術を研究しています。

研究テーマ

個体生命機能分子イメージングの研究
核医学診断の高度化
医学量子イメージング手法の研究
量子線検出技術・センサの研究開発
磁場利用量子線・RIイメージングの研究と応用

研究紹介

量子センサから生体機能イメージングまで


入試情報

入試情報

研究紹介動画

研究紹介動画

© Department of Bioengineering School of Engineering, The University of Tokyo All Rights Reserved