東京大学 大学院工学系研究科

バイオエンジニアリング専攻

Department of Bioengineering, School of Engineering,
The University of Tokyo

教員紹介

松永 行子

松永 行子

准教授

バイオデバイス

Biodevices

生体現象の視える化:組織構築による疾患現象解明

生産技術研究所兼務

MAIL :  mat@iis.u-tokyo.ac.jp

URL :  http://www.matlab.iis.u-tokyo.ac.jp/

研究室の目指すもの

細胞、タンパク質、生体高分子などの生体関連要素を、設計図に基づき、人工的に組み立て・配置することで、高次な三次元組織構造の作製に関する研究を進めています。ハイドロゲル形成技術、MEMSなどのマイクロ加工技術、分子細胞生物学を融合し、生体の疾患部位の微小環境を再現・制御し、疾患の解明、効率的治療へと貢献する基盤技術の創製を目指します。

研究テーマ

微小組織工学による正常-疾患相互作用臓器モデルの開発
創薬研究のための三次元微小血管新生モデルチップに関する研究
がん浸潤転移研究のための三次元がん微小環境モデルの開発
マイクロ流体システムを活用した複合化生体材料の設計

研究紹介

疾患組織を作り、病気の解明、診断、予測、治療へと貢献する!


入試情報

入試情報

研究紹介動画

研究紹介動画

© Department of Bioengineering School of Engineering, The University of Tokyo All Rights Reserved