東京大学 大学院工学系研究科

バイオエンジニアリング専攻

Department of Bioengineering, School of Engineering,
The University of Tokyo

教員紹介

酒井 崇匡

酒井 崇匡

教授

バイオマテリアル

Biomaterials

ハイドロゲルの設計・制御による医療用材料の創製

マテリアル工学科兼務

MAIL :  sakai@tetrapod.t.u-tokyo.ac.jp

URL :  https://gel.tokyo/tetra-gel/

研究室の目指すもの

ハイドロゲルは、水を多く含んだ生体に似た組成を有する材料であり、その類似性のために、医療材料への応用が大いに期待されている。新たな分子設計により、ハイドロゲルの構造を精密に制御し、新たな機能性を有する医療材料の開発を目指している。

研究テーマ

高度に構造制御された高分子ゲルを用いた高分子ゲルの基礎学理の解明
ハイドロゲルを用いた医用構造材料の構築
ハイドロゲルの再生医療用担体への応用

研究紹介

基礎学理に基づいた、新世代ハイドロゲルの創成


入試情報

入試情報

研究紹介動画

研究紹介動画

© Department of Bioengineering School of Engineering, The University of Tokyo All Rights Reserved